怖くなった。

この前「女性の間で朝オナが流行っている!」って記事を見かけた。

朝オナとは、朝出かける前のちょっとした時間に、さらっとオナってしまう行為の事である。

まぁその記事を信じた訳じゃないけど、俺もちょっとやってみようかな~と思って、今日朝起きて速攻やったんだよ。

正確には4/1今日じゃなくて、3/31な訳だけど。

手短にね。

そんで絶頂に達し射精した訳だけど、その時俺はマジで驚愕したね。

なんと赤い精子が出た訳よ。

痛みとかはなしに。

イチゴミルクみてぇな色していた。

もう気持ち良さとか0.2秒で吹っ飛んだよね。

「これやばくね。これ何かやばかったような気がする。」と思ったけど、とりあえずシャワー入りに行った。

汚れてるからね。

風呂場では「(まぁ何かの病気で死んだらしゃぁないか 親に迷惑しか掛けてないけど、まぁ死んだら関係ないし特に思い残すこと無ぇや)」とか思ってた。

で風呂上がってとりあえずggってみた。

「血精子症」ってやつらしい。

原因は前立腺や精のうなどの炎症によるものが一番多いみたい。

そう言うのは大体自然に治るらしい。

やっかいなのが精路や尿路に悪性腫瘍が出来た場合、がんとの関連性が出てくるんだと。

「うわ~~」って思ったよね。

後は前立腺結石とかいう奴だっけ。

詳しく見てないけど、多分しょんべんするときに激痛が走るやつだべ。

もうさ、別に不潔にしてないし(1日2回シャワー入ってる)、そんなにおなにーしてるわけじゃないのに何でなったんだろうって感じだよね。

もうめんどいから調べるのやめたわ。

多くの場合は自然治癒で治るって言うし。

俺もそのケースであってくださいカミサマーって感じ。

いやーでもマジで焦った。

初めて自分の目を疑ったわ。

次に赤い精子が出るのは、あなたかもしれない。

女の人は、もう何か赤い何かしらが出るかもしれない。

ミミズとか。


【追記 4/1 0:57】まちがった。「血精子症」じゃなくて「血精液症」だった。
[PR]
# by bubblegu | 2011-04-01 00:53

ガキの記憶。

昔々、ローングアゴー。

俺が幼稚園児くらいの頃、ウチの食器棚の一番上に「たまに」置いてあったお菓子。

それは白くて半透明の丸いお菓子で、食感はちょっとシャリシャリモチモチしていて、とても甘い。

駄菓子屋さんに売っている、さくらんぼや青リンゴの餅があるじゃん。

四角いね。

あれに似たような食感ではある。

あの食べ物は一体何だったんだろうかと。

もう昔々過ぎて、記憶が曖昧だったから、あれは夢だったんじゃないか、幼い俺が生み出した幻想妄想だったんじゃないかとさえ思える程。

でも幼稚園児の俺はそのお菓子があると思って、定期的に椅子を食器棚の前に移動させ、上に本を積み重ねては食器棚の一番上を覗き、その甘いお菓子が無いか確認していた。

本当にあのお菓子が何だったのか気になった。

で、今日家族と食事中に、その昔の記憶の事を話した。

すると、「それってもしかして『肝油』じゃない?」と母さんが言った。

俺は「肝油」って言葉自体知らなかったから、「なぁにそれぇ~」と遊戯のようなリアクションをした。

母さん曰く、昔は良く幼稚園児とか小学生が夏休み位になると、親が肝油を買って、1日2粒とか子供に与えていたそうだ。

で画像検索してみたらまさにコレで、超感動した。

これだったのかぁ~!と。

母さんも「良くそんな事覚えてたねw」と言っていた。

もうそれ程昔の記憶だし、母さん曰くウチに肝油があったのもホントたまにだったらしい。

ガキの俺はその稀に母さんから与えられる肝油を口にして、食器棚にしまっている所を見て、「このチョーうめぇモンはそこを探せばある」と記憶したわけだな、うん。

たまに食べられるあのうめぇモンが楽しみで楽しみで仕方なかったんだよ。

しかも話を聞けば肝油ってお菓子じゃないらしいじゃない。

何かビタミン摂取する為のモノらしいね。

いや~でもアレは本当美味しいんだよ。

でも食べ過ぎちゃダメらしいから拷問だよね。

一日数粒しか食べちゃダメ。

超美味しいのに。

検索したら健康食品として効能はあるかわからないとか、どっかのサイトに書いてあったけど、そんなのどうでも良いんだ。

あれは美味しいんだ。

美味しけりゃ良いんだよ。

薬局とかに行けば売ってるらしい。

食べた事ある人居るかなぁー…。

肝油。

今度買おうっと。


【追記】
しみ、そばかす、肩こり、
手足のしびれ、冷え、鼻血、肉体疲労・・・・に効くそう。

肩こり、冷え、鼻炎の俺には持って来いだなこれぇ~。

多分俺が食ったのは「カワイ肝油ドロップ」って奴だな。

【追記2】
あ、あと目の疲れにも効くそう。

あれ凄くね肝油。

肝油バンザイ。

http://alfalfalfa.com/archives/388942.html ←カワイ肝油ドロップを語るスレ。
[PR]
# by bubblegu | 2011-03-04 19:32

アヴァの事。

今回は、「爆破」で覚えておくと良い事を書いてみようと思う。
※初~中級者向けの内容になるから、そうでない人達は一番最後のほうに個人的に思っている事をチョロっと書くから、そこだけ見てもらえれば嬉しい。

1.開幕はなるべくバラける。
2.自分の兵種で出来る事を考える。
3.一人で行動しない

大体この3点を軸にしてプレイすれば良いんじゃないかなと思う。

1つずつ少し詳しく説明してみよう。


【1.開幕はなるべくバラける】
「開幕で皆走って行っちゃうけど、自分はどこに行けば良いのか分からない!」と言う人や、「とりあえず皆向かっている所に行こう!」と言う人は、ゲームがスタートしたらすぐにTabキーを押して人員不足のポイントに向かうと良い。
人数配分が片寄ると、誰かが誰かをカバーする事が困難になり、助けてやることが出来ず無駄に仲間が減ってしまう事態に陥る。
なので基本的に凸(集団突撃)の時以外は、バランス良く配置についた方が良いので、もしそう言う人が居たら上記のように行動すると良い。
常々マップを確認して、自軍の壁が薄くなってきた所をフォローに向かう形。

【2.自分の兵種で出来る事を考える】
自分が使用している兵種では、一体何が出来るのか?この項目ではそれについて簡単に説明してみる。
AVAにはPM(ポイントマン)、RM(ライフルマン)、SR(スナイパー)の3つの兵種がある。
各兵種で出来る事を挙げてみる。

--PM--
a.足の速さを生かして、抑えておきたい地点を素早く確保
b.SRが対応できない距離(近距離)をフォロー
c.裏取り警戒

PMは主にこの2つじゃないかな。
特にaは、開幕で抑えておきたい地点を取る時にかなり有効手になる。
そのときの目標地点への突入の時、どの兵種よりも率先して前に出る事がPMの一つの仕事。
後ろでモジモジ君しててもしょうがないので、その時が来たら頑張って前に出よう。
注意点は、PMが強いのは基本的に近距離までなので、各マップのロングなどでは姿を現すだけ無駄(RM、SRのかっこうの餌食。死んでしまうと、人員が無駄に削られるから)なので、そこは別の兵種の役割になるので、他兵種に素直に任せよう。
裏取り警戒もPMの仕事の一つ。

--RM--
a.PMが対応出来ない距離(中距離以遠)のフォロー
b.SRが対応出来ない距離(近距離)のフォロー
c.裏取り警戒

RMは主にこの3つだと思う。
RMは万能型だから、結構どの距離でも対応は出来る。が、中距離以遠は勿論SRの独壇場なので、そこはPM同様素直に仲間のSR様に任せよう。
まぁ上手くなればSRをも喰う事が出来るようになる兵種だし、近頃は近距離もPMより強いので、足の速さを生かさない場合はこの兵種を使うと良いと思う。
裏取り警戒はSRには絶対にやらせず、RMがやった方が良い。
PM同様、その時の目標地点への突入時に前に出てあげよう。

--SR--
a.敵SRの迎撃
b.チョロチョロ様子を見る為に姿を現すRM、PMを倒す
c.目標地点に篭っている敵を倒し、PM、RMが突入しやすくする。
d.ロング警戒

SRの仕事はこのぐらいかな?
弾を命中させることが出来るのなら、ぶっちゃけどの距離でも強い。
けど勿論近距離になればなるほど当てる事が困難になるから、大体中距離、長距離担当になると思われる。
常に場所を変えたりした方が良くなる場面が多々あるので、立ち回りは他の兵種と比べると結構忙しい。
目標地点へPM、RMが突入しやすくする為に、試合前半はこのSRが敵を削っていく為、裏取り警戒をSRにさせるのは間違い。なので、裏取り警戒は別の兵種にしてもらおう。

とりあえずこれを覚えておけば自分が何をすべきか少しは分かるんじゃないかな。


【3.一人で行動しない】
これは団体競技、特にクラン戦では重要。一人で先走って敵陣に突っ込んでしまえば、当然死ぬ。
人数が物を言うといっても過言ではないので、常に誰かに守って貰える距離内で戦おう。
逆に言えば常に誰かを守ってあげれる距離内で戦うと言うこと。
まぁこれはぶっちゃけ俺はまだあんまり出来てない。



まぁこのぐらいかな。

ここからは個人的にクラン戦中やって欲しいなって思う事。

A敵の人数報告(○人来た!等)
B自分の防衛地点を離れる時は仲間に報告(ここ任せるよ?等)


この二つをやって貰うと嬉しい。

Aは何人敵が来たかによって、援護に行くか行かないか判断するので、具体的に言って欲しい。

Bは、俺もまだ完璧にはマップをチラチラみて味方の配置確認する癖がついてないので、背後を任せているつもりだったのに、いつの間にか居ない!?ってなる事がたまにあるから、言ってくれると助かる。

まぁ今思いつくのはこれぐらいかな。


本当ならこれを元に、ここから画像も用意したしBS(ブラックセント)での立ち回りについて書いてみようかと思ったけど、あんまり長くなり過ぎると読む気失せると思うからここでやめておこうと思う。

じゃあの。
[PR]
# by bubblegu | 2010-10-16 02:50

telepath music

綴りがこれで合ってるかは知らん。

最近某氏にテレパスミュージックと言う音楽を教えてもらった。

それを聴いて俺は「Good !!」って思ったの。

だからその後しばらく、「良いものは無いかー良いものは無いかー」って思いながら、深夜にも関わらずテレパスミュージックを漁った。

何でもテレパスミュージックとは、ニコニコ動画で活動している音楽家を集める為に付けたタグらしい。

だから同じテレパスミュージックでも全然違う雰囲気の曲が多数存在する。

で、その中で俺が「これ良いなぁ」って思った掘り出し物を紹介しようと思う。

まずはテレパスミュージックを知るきっかけとなった曲。



↑再生数を見れば分かると思うけど、これは結構テレパスミュージックの中では有名な曲。

これを聴いて「良いなぁ」と思って、俺はテレパスミュージックを漁る様になった。

そしてテレパスミュージックを漁ってゆく中で、この曲は後に俺の中での順位は下がってゆく事となる。

これより良い曲がガンガン見つかる。







↑こういうさっきの曲みたいに激しくなくて、なんだか癒される曲がドンドン見つかる。

個人的にこう言う音が癒される。

だから歌詞とか無いほうが個人的には良い。

音量を小さめで、ほのかに鳴っていて良いなって思う。

早朝と深夜に聴くと心地良い曲。

昼間には合わないかなぁ。

まぁ昼間でも個人的にテンションが下がってる時とか聴くとよく感じる事もあるけど。





↑これも良いねぇ~。

使ってる音が好きだ。





↑これも良いねぇ。

てかメイスって人が作った曲はマジ個人的にハズレが無い。





↑これもメイス氏作。

良いよねぇ~~癒されますよホント。





↑ここで現在俺が1番気に入ってる曲。

これもメイス氏作。

これはマジ完璧過ぎる。

全てが素敵でぇぁ~~す。

ホント全て。

これマジいいわぁ~。

思わず携帯にいれちゃったもの。

音が良いし、間も良い。

心地よいぞ、わらわは心地よいぞよ。

うむ。

次に貼るのはさっきのnot restaurant.wavと同じくらい気に入った曲。





↑これまたメイス氏作。

この人が作る曲は、俺のストライクゾーンにしか入ってこないですハイ。

音が可愛いよね。

いやー。

素晴らしい。

うん。





↑ここでちょっとメイスから離れて、別の人(haha no hi氏)が作った曲。

これも良いね。

途中で入る台詞は個人的には無くておk。

無くて、おk。

でも悪くも無い気もする…が~?

でも、なくて、おk。

どうかな?



次はちょっと変わった曲。



↑こちら。

こういうの求めてたよね。

この人が動画中に言ってる事、ホント同感だ。

と言っても最初の部分ちょっと読んだだけで、殆ど読んで無いけど。

まぁ多分言いたい事は俺が思ってる事と同じであろう。

この曲は生活音・環境音に紛れて、初めて完成する。

勿論、その紛れるための生活音・環境音は、この4:00AMが紛れて、ただの生活音・環境音ではなく曲となる。

つまり、この曲だけを聴くんじゃなくて、その時発している音全ての音を聴いて欲しい。

そんな感じ。




今回は紹介はこのぐらいにしておこう。

まだ紹介してない曲たちが控えているけど、あんまり貼ってもアレだしね。

…つっても既に貼りすぎたけど。

まぁそれらはまた機会があれば掘り出した動画を紹介しようと思う。

基本的に今回紹介した曲は全てイヤホンとかヘッドホン付けて聴いた方が良いかな。

細かい音とかあるしね。

こういう再生数が少なくて、殆ど誰の目にも止まっていない良い動画を見つけるのが個人的には楽しい。

なんだか宝物を発見したような、そんな気分になれる。

だから「掘り出し物」とか言う表現を使っているわけだけどもw



それじゃあまた。
[PR]
# by bubblegu | 2010-09-23 01:14 | ぽこ音楽

ゆめにっき

俺は家でなんかパンみたいなソラマメ(ソラマメみたいなパン?)を食べていたら、急に電話が鳴って、「ミツルが仕事で遠くに行っちゃうから、最後にパーティーやるからぐれっぐ(本名で呼ばれる)も来てね」って言われた。

今思えば「電話の主は誰やねん」って感じだけどそこは夢中の俺は疑問に思わなかった。

ちなみにミツルってのはリアルに存在する人で、俺が小学生から中学生の間同じ学校で生活をしていたってLvの友達。

サッカー部に入ってたイケイケ組の人間なんだけど、何か頭おかしい人で、急に学校の2階の窓にぶら下がって懸垂をし始める奴だった。

でまぁそいつがそう言う理由で居なくなるらしかった。

しかし「そもそもミツルとは大して仲良くないのに何で俺も呼ばれるんだ」とか思いながらも、何故か俺は駅まで行く為に家にあった自転車に乗って坂を下った。

ちなみに目的地までの経路は、まずは最寄の地下鉄駅に行って札幌駅まで行く。

そんで次に札幌駅から下りて、飲み屋。

この順路。

で、今思えば俺は札幌駅から下りた後どこの飲み屋に行くのか知らされてない。

まぁそれは夢だから置いておいて、自転車で坂を下って居たら、自転車の左ハンドルが何故か前輪の方に突き出てて凄くバランスが取りにくかった。

何とかその自転車を操作して坂を下っていると、途中で同じ飲み会に参加する友達が続々と寄ってきた。

でもそもそもそいつらとも大して仲良くないので、何も話さず坂を下って近くの地下鉄駅に着いた。

そこで俺は、ここからどうすれば札幌駅まで行けるのか。

どの切符を買って、どの列車に乗れば良いのか全く分からなくなっていた。

やたら薄暗いお化け屋敷みたいな駅で路頭に迷っているのも嫌なので、駅員にどうすれば良いのか聞いた。

しかしそこで俺が尋ねたのは、「魔界村レーン」とか言うものに乗るにはどうしたら良いのかと言う事だった。

俺は何故か札幌駅に行くという目的、更には知り合いとの飲み会に参加する事自体も忘れてしまってて、ここで急に「魔界村レーン」に乗らなければと思った。

すると駅員は「そこをまっすぐ行って左で4番目に着いて、次にAとBの扉があって、その横に一見扉に見えない扉があるから、そこに行けばいいよ」と言った。

俺は駅員にどうすれば良いのか尋ねた癖に、全然話を聞いてなくて「ふんふん」「はぁ」とか適当に返事をしていた。

だから結局どうすれば良いのか分からない。

でももう一度駅員に聞くのは恥ずかしいから立ち往生していたら、駅員が「あっ 来たよ」と言った。

すると急に魔界村のステージ1の曲がホームに流れ出し、真っ暗なレールの奥から青白い光が駅に向かって近づいてきた。

俺の居るホームとは反対側のホームに列車が入ってきて止まった。

その列車の先端部分は髑髏のようになっていて、列車の側面は青白い火の玉とショッキングピンクの小さいランプがずらずらと交互に並んでいるデザインだった。

何故か地下鉄なのに黒い煙をもくもくと吐いていた。

窓はあったかどうかはちょっと覚えてない。

でも何故か凄い怖くて、ホームで鳴っている魔界村の音楽が早く止まって欲しかった。

その音楽が鳴っている最中は、ホームに居る皆が凄い不気味な表情をしていて、駅の壁を背にしていないと落ち着かなかった。

そしてしばらくしてから魔界村レーンとか言う列車は行き先が分からないが次の駅に向かって走っていった。

俺が呆然と立ち尽くしていると、切符を買う所に居た女の子が近寄ってきて、「魔界村レーン乗れる所まで連れてってあげる」と言ってくれた。

その女の子はブスだったが優しくて、何か赤い服を着ていた記憶しかない。

女の子は俺を連れて、駅員が行ったとおりの経路で俺を連れて行ってくれているみたいだった。

何か気付いたらAとBの扉があって、その隣にピンクと緑の縞々の幕があった。

その幕の裏に行くと滑り台を逆走するような道があった。

階段ではなく、本当に滑り台を滑る方向から上る感じ。

て言うか見た目が完全に滑り台で、何故か中華風の龍の装飾がされてた。

そして女の子は手で滑り台の横を掴まずに、難なく逆走していった。

一方俺は靴が古いのかスルスル滑ってしまい中々上れなかったから、滑り台の横の手すりみたいなのに掴みながらようやく上った。

上ったと思ったら今度はウォータースライダーみたいな円形の滑り台になってて、そこも入り口と同じ色の縞々のうねる様な模様になっていた。

そこを一気に滑るとさっき俺が居たホームとは反対のホームにたどり着くことが出来た。

そして反対側のホームには、さっきは全然人が居なかったのに今は沢山居て、皆が英雄を見るかのようにこちらを眺めていた。

俺は辺りを見回すと、ホームの端の壁に3台のパチンコ台が取り付けてあった。

真ん中の台には既に男(?)の人が座っていてプレイしていた。

俺は何故かここでこのパチンコをやらなければ!と思い近寄ると、一緒に来ていた女の子がそそくさと真ん中の男(?)の左側にの台に座った。

このとき俺は何故か「あの子と隣の台に座る事にならなくて良かった~~」とか思っていた。

でまぁ俺は男(?)の右隣の台に座ってプレイ。

どのような台だったかと言うと、CR魔界村とか言う台だった。

俺はこの台がどういう台か全く分からなかったから、隣に居る男(?)に聞いてみた。

男(?)の顔がこっちに向くと、凄い綺麗な顔立ちで、女の人のようだった。

何かサマーウォーズに出てきたカズマみたいな感じ。

髪型とか肌の色とか含めね。

だからちょっと男かは分からない。

どちらかと言うと女っぽかった。

でまぁ意外と優しくて、台を指差して色々説明してくれているんだけど何故か声は聞こえない。

説明の後、最後に俺に一枚の紙を見せてくれて、「この番号をメモしろ」と言った。

俺が「なにこれ?」と聞くと、何かテレた表情で「俺の電話番号。後で連絡して」と。

電話番号じゃなくてメールアドレスとか知りたかった俺は、「何かパソコンとか持ってないの?メールアドレスとかの方が良いんだけど。」と言ったら、口は動いているのに声が途切れ途切れになって「・・・・・は・・・P・・・持ってないんだよ」と言った。

仕方ないから俺はその番号をメモした。

番号は地味に今でも覚えていて、「137-00-1772」だった。

で、この辺で夢が覚める。

起きてPC画面を見ると、PC不調により強制終了していて、AVAの○縮○給が出来て居なかった。




今回の夢は記憶にやたらと残っていたので、ちょっと書いてみた。

何かようわかんなかったけど、とりあえず怖くて、最後に出てきた男女(おとこおんな)が可愛かった。
[PR]
# by bubblegu | 2010-08-17 18:00