アヴァの事。

今回は、「爆破」で覚えておくと良い事を書いてみようと思う。
※初~中級者向けの内容になるから、そうでない人達は一番最後のほうに個人的に思っている事をチョロっと書くから、そこだけ見てもらえれば嬉しい。

1.開幕はなるべくバラける。
2.自分の兵種で出来る事を考える。
3.一人で行動しない

大体この3点を軸にしてプレイすれば良いんじゃないかなと思う。

1つずつ少し詳しく説明してみよう。


【1.開幕はなるべくバラける】
「開幕で皆走って行っちゃうけど、自分はどこに行けば良いのか分からない!」と言う人や、「とりあえず皆向かっている所に行こう!」と言う人は、ゲームがスタートしたらすぐにTabキーを押して人員不足のポイントに向かうと良い。
人数配分が片寄ると、誰かが誰かをカバーする事が困難になり、助けてやることが出来ず無駄に仲間が減ってしまう事態に陥る。
なので基本的に凸(集団突撃)の時以外は、バランス良く配置についた方が良いので、もしそう言う人が居たら上記のように行動すると良い。
常々マップを確認して、自軍の壁が薄くなってきた所をフォローに向かう形。

【2.自分の兵種で出来る事を考える】
自分が使用している兵種では、一体何が出来るのか?この項目ではそれについて簡単に説明してみる。
AVAにはPM(ポイントマン)、RM(ライフルマン)、SR(スナイパー)の3つの兵種がある。
各兵種で出来る事を挙げてみる。

--PM--
a.足の速さを生かして、抑えておきたい地点を素早く確保
b.SRが対応できない距離(近距離)をフォロー
c.裏取り警戒

PMは主にこの2つじゃないかな。
特にaは、開幕で抑えておきたい地点を取る時にかなり有効手になる。
そのときの目標地点への突入の時、どの兵種よりも率先して前に出る事がPMの一つの仕事。
後ろでモジモジ君しててもしょうがないので、その時が来たら頑張って前に出よう。
注意点は、PMが強いのは基本的に近距離までなので、各マップのロングなどでは姿を現すだけ無駄(RM、SRのかっこうの餌食。死んでしまうと、人員が無駄に削られるから)なので、そこは別の兵種の役割になるので、他兵種に素直に任せよう。
裏取り警戒もPMの仕事の一つ。

--RM--
a.PMが対応出来ない距離(中距離以遠)のフォロー
b.SRが対応出来ない距離(近距離)のフォロー
c.裏取り警戒

RMは主にこの3つだと思う。
RMは万能型だから、結構どの距離でも対応は出来る。が、中距離以遠は勿論SRの独壇場なので、そこはPM同様素直に仲間のSR様に任せよう。
まぁ上手くなればSRをも喰う事が出来るようになる兵種だし、近頃は近距離もPMより強いので、足の速さを生かさない場合はこの兵種を使うと良いと思う。
裏取り警戒はSRには絶対にやらせず、RMがやった方が良い。
PM同様、その時の目標地点への突入時に前に出てあげよう。

--SR--
a.敵SRの迎撃
b.チョロチョロ様子を見る為に姿を現すRM、PMを倒す
c.目標地点に篭っている敵を倒し、PM、RMが突入しやすくする。
d.ロング警戒

SRの仕事はこのぐらいかな?
弾を命中させることが出来るのなら、ぶっちゃけどの距離でも強い。
けど勿論近距離になればなるほど当てる事が困難になるから、大体中距離、長距離担当になると思われる。
常に場所を変えたりした方が良くなる場面が多々あるので、立ち回りは他の兵種と比べると結構忙しい。
目標地点へPM、RMが突入しやすくする為に、試合前半はこのSRが敵を削っていく為、裏取り警戒をSRにさせるのは間違い。なので、裏取り警戒は別の兵種にしてもらおう。

とりあえずこれを覚えておけば自分が何をすべきか少しは分かるんじゃないかな。


【3.一人で行動しない】
これは団体競技、特にクラン戦では重要。一人で先走って敵陣に突っ込んでしまえば、当然死ぬ。
人数が物を言うといっても過言ではないので、常に誰かに守って貰える距離内で戦おう。
逆に言えば常に誰かを守ってあげれる距離内で戦うと言うこと。
まぁこれはぶっちゃけ俺はまだあんまり出来てない。



まぁこのぐらいかな。

ここからは個人的にクラン戦中やって欲しいなって思う事。

A敵の人数報告(○人来た!等)
B自分の防衛地点を離れる時は仲間に報告(ここ任せるよ?等)


この二つをやって貰うと嬉しい。

Aは何人敵が来たかによって、援護に行くか行かないか判断するので、具体的に言って欲しい。

Bは、俺もまだ完璧にはマップをチラチラみて味方の配置確認する癖がついてないので、背後を任せているつもりだったのに、いつの間にか居ない!?ってなる事がたまにあるから、言ってくれると助かる。

まぁ今思いつくのはこれぐらいかな。


本当ならこれを元に、ここから画像も用意したしBS(ブラックセント)での立ち回りについて書いてみようかと思ったけど、あんまり長くなり過ぎると読む気失せると思うからここでやめておこうと思う。

じゃあの。
[PR]
by bubblegu | 2010-10-16 02:50


<< ガキの記憶。 telepath music >>